マルチSNS相談窓口プラットフォーム

特徴1

LINE以外のSNSからの
相談にも対応可能
特徴2

相談窓口管理に求められる
機能を備えています
特徴3

サービス型のため、
比較的安価に提供可能

お悩み

LINEだけではなくTwitterや
他のSNSからの相談も受け付けたい

管理者が相談員の対応状況を
確認、管理したい

複数の相談員で
相談しながら対応したい

1人の相談員が同時に
複数の相談に対応したい

メールや電話では
相談件数が増えない

最終的には
電話相談につなげたい

そうしたお悩みに対応するのが、
マルチSNS相談窓口プラットフォーム「つながる相談」です。

「つながる相談」とは

つながる相談はSNSでの相談を受け付けたい
自治体・団体・企業様を強力にサポートする仕組みです。

サービス型のため、比較的安価に提供できます。
お申込みを頂いてから数日で導入し、運用が可能です。

特徴

 特徴1.LINE以外のSNSからの相談にも対応可能

LINEを利用していない人でも相談可能です。
Twitterはスマートフォンを所持していなくても利用できるため、
「スマートフォンを利用していない子どもへの配慮」が可能です。
相談員は1つのシステムで、相談の来たSNSを特に意識せずに対応できます。

 特徴2.相談窓口管理に求められる機能を備えています

LINE、Twitterのアカウントに紐付けて過去相談の閲覧ができます。
その他にも「他の相談者の相談状況を閲覧」「相談事案を担当者紐付け」「相談組織内での権限管理」
などの基本的な機能を備えています。
※大人の相談向けに、Facebookメッセンジャーにも対応予定です。

 特徴3.サービス型のため、比較的安価に提供可能

新規システム構築に比べると安価に提供可能です。
料金は月額制ですが、ご希望・ご要望に応じて柔軟に対応いたします。
お見積りをご希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

機能

  •  定型文管理
  •  相談者の過去の相談内容閲覧
  •  管理者による相談員状況俯瞰管理
  •  曜日ごとの営業時間設定
  •  相談統計データ、アクセスデータ収集/レポート
  •  自動質問・自動メッセージ
  •  試用/研修用デモ
  • など

問い合わせ先

マルチSNS相談窓口プラットフォーム「つながる相談」については、
以下のお問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

お問い合わせ窓口へ